カテゴリー

プロフィール

profilephoto
■チョビ麗美

■東京生まれの東京育ち
■3月15日生 魚座 B型

■音楽大学卒業後
 演奏活動と後進の指導にあたる
音楽企画制作に転向現在に至る

■趣味:スポーツ観戦


■宜しければ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

月別記事

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

差し入れの花々

コンサート会場の入り口を華やかに飾る花・花・・・

入口の花

何処でも この様に豪華な雰囲気を演出してくれます

差し入れで最も多いのが この花々です

最近は この花の差し入れも凝って来ました



素敵でしょ?
ブック型で 写真立ての様に飾れるんです

思わず「何処に売っているの?」と聞いてしまいましたφ(..)メモメモ
>>> 「アリス・イン・ワンダーランド」公開記念フラワーギフト【日比谷花壇】

今まで花は その時だけのモノという感じでしたが
この様に お持ち帰りが出来て 長く取っておけると出演者も
コンサートの思い出が甦って来て 嬉しいですね!

楽屋への差し入れとお弁当

舞台美術・照明・音響の搬入・仕込みが終わって

本番当日・・・

その前に サウンドチェックをしてから リハーサルになります

サウンドチェック

楽器ごとに置かれたマイクの音量・音質等を確認

リハーサルも滞りなく終了すれば そのまま会場渡し

本番前のホール

数時間後 お客様で溢れる会場

最後の確認をして 楽屋へ向かいます

楽屋弁当

豪華なお弁当の他 数々の差し入れで テーブルは華やかです

毎回この様な差し入れだと 体脂肪が・・・
でも この様な豪華さは稀でして
多くは 質素です
お弁当も ●●ビニ弁当だったり
ケーキやチョコは 多く頂きますが 必ずしも この様なブランドモノではありません
あくまでも お越し下さった気持ちが嬉しいですね


 

開演までの段取りは迅速に

コンサートでも ホテルでのディナーショウでも 
開演するまでの 大まかな段取りは同じですが・・・

ホテルは 華やかです(●^o^●)
が・・・

19:00 集合
19:30 搬入開始 舞台美術搬入開始
20:00 音響搬入開始
20:30 照明開始

タイムスケジュール表を作成しながら
「今回は スムーズに進めそう(^v^)」 ・・・・

この大雑把なスケジュールの間に 
楽器レンタル会社のトラックが何時に到着するか
スタッフの足は 車・バイク・チャリ(?)・電車かを報告してもらい
深夜作業のスタッフの人数から 終了予定時刻をホテルに報告

・・・・
前回 22:00開始 30:00終了予定なんてタイムスケジュール表を受け取った時は
流石にぶっ飛びましたが・・・(@_@;)

ホテルの場合は 関係者のエレベーターを借りる訳ですから
搬入は 段取り良く迅速に行わないと 迷惑をかけてしまう

取り敢えず 会場まで 運びこむ・・・
搬入

其れが 数時間後

舞台完成

この様な舞台が完成

楽器セッティング

バンドの楽器も運び込み 配線もキチンと出来てます
譜面台に ライトも取りつけてあります

後は出演者・バンドさんを待つだけです
運び込んでから 此処までの掛った時間は 約10時間 直接のスタッフ数は約40人

チケ代が高いの分かります?
これだけでも 凄い人件費でしょう?
更に 企画宣伝費のスタッフや経費を計上すると凄い額です


ディナーショーは豪華絢爛

ホテルのディナーショーは 現実を少しだけ忘れさせてくれる場所だと思うチョビです

搬入や仕込みは 前日夜から明け方まで続き
更に 当日も 担当によっては 早朝の搬入もあったりと
裏方は 24時間戦います

でも ホテルですから
控室も とても素敵(前回の記事の写真をご覧ください)
更に 楽屋のお弁当も 豪華です
差し入れも沢山頂き チョビは 毎回 それに関しては 大満足です


本番当日は 細かなチェックが色々あります照明卓

電飾・ムービングを動かす為の卓です
コンピューターに 打ち込んで それが キチンと作動するか
最後の見直しをしています
センターの照明

ステージの一番後ろの上にある照明機材です
普通のコンサートでは これは見えませんが
ホテルでは 丸見えです


まん中のが ムービングです
横にあるのがサスですね

袖の照明


ボケボケですが 舞台袖の部分の照明です
舞台を照らします
これら全てを前日から 台を組み立て 鉄管に一つ一つライトを取りつけます


ピンスポ

最近の新しいホテルの一番広いホールでは 調光室が別にあって
わざわざ 上の写真の様に 土台を作って 
上にピンスポットを釣り上げる必要はなく
既に 設置されている所が多くなっています

ピンスポ

主演の方に光を当てる ピンスポです
因みに 映っているのは チョビではありません

舞台の後ろから

舞台の一番奥から 客席を見た状態です前の黒くなっているところは
舞台です ポツンと白くなっている個所がいくつか見えますが
立ち位置を示すしるしです

開場一時間前になると 会場渡しと言って
ホテル側が テーブルセッティングや それぞれの座席の確認をします

セッティング

それから いよいよ開場
ショウの始まりです
皆さんのひと時を 夢の世界に運ぶ事が出来るよう 頑張ります


 

タイムスケジュール

搬入終了予定時刻30:00と書かれたFAXを受け取ったチョビです

別に驚きません
毎度の事ですから

只 翌日の音響の搬入時刻が8:00となっていました
この業界は 時刻は 24時間表記です
8:00と言ったら 午前8時です

前日の舞台美術の搬入設営が 21:00〜30:00
翌日の音響の搬入仕込みが 8:00〜
となると 睡眠時刻は?

こういうときは ホテルが用意したり 主催者側が用意したりと色々ありますが
正直 寝る時間は 全くありません

音響の搬入・仕込みが終われば そのまま サウンドチェック
そのままリハが3時間位 
会場明け渡しが 16:00
最後の調整を終え 控室で やっとお弁当

 控室

食べ物ばかりですが 丁度書類をどけたところです



今回はなかなかゴージャス

さあ これから ドアオープンの前に
本番に備えて 機材の最終確認・・・・


ギャンブルはお好きですか?

もしかして ギャンブル狂?と悟ったチョビです

木曜日は ロト6宝くじの抽選日らしい・・・
リハーサルが終わって 本番までの2時間少しの時間
控室で・・・

ちょっと出かけてくる
お土産ね
すぐそこだから 食べ物は買って来ないよ

空き時間とはいえ ホテル側から 客室のBGMを少し音量下げて
                        客電を少し明るく上げて
・・・等など 注文が入る
その為 全員居る必要がないが チーフクラスは控室で待機

これ買いに行くから
見せてもらったのは ロト6の申込用紙
ロト6
 
色々なスタッフからのアドバイスを基に
A〜Eまでを 全て埋め 1000円を渡して
待つこと 30分

今日自宅に戻ったら 結果分かるよ


自宅に戻って 確認
3つ 5等が当たってました
つまり3000円

翌週
マタマタ 申し込んでもらって(極度の出不精?)
今度は1つ 同じく5等が当たってました

当たりが続くと ちょっぴり燃えますね

周りを見渡せば
競馬が好き
パチンコが好き
競艇が好き・・・・多いです

その景品で チョビのお腹は満たされました
戦利品

みんな 有難う

舞台美術さんは オトメン?

 主婦が欲しいチョビです

ハッキリ言って お針・お掃除・お飯は 超苦手です


ホテルセッティング

ホテルのディナーショウの場合

普段のコンサートと違うのは 舞台を作る処から始まります
4トントラックで 板や鉄管を運び入れ

宴会場に 高さ60センチくらいの平ステージを作り
更に 舞台装飾を施していきます

電飾担当者は 一個一個の細かい電球を
丁寧かつ迅速に留めていきます

パネルをセッティングすると 細かい傷や貼り合わせた個所を
客席からは 分からないように パテで丁寧に塗りつぶしていきます

ホテルセッティング


上の写真は 舞台の下手から(客席から見て左)の写真です
中央左に階段があります
其処の銀色の処に 細かい電飾を入れていきます

実に根気のいる作業です

更に パネルだけでなくジョーゼットのカーテンなどがありますが
演出家の指示で ちょっと変わったものになると
舞台で 照明が当たった状態を想像しながら 綺麗にミシンで縫って行きます

その鮮やかなこと・・・・

雑巾すら 満足にミシンで縫えないチョビは 感心するばかり

話を聞くと
家のリフォームなんかもササッとやってしまうとか


チョビは この様な事が出来る彼らをお嫁さんにしたいと
密かに狙っています

更に更に お料理を作るのが趣味という方も結構いるので
チョビは 地方公演には 何処かロッジを借りて 自給自足が出来るじゃないかと
計画中

今日は やたらと甘いものが食べたくなり
久々に 甘味屋に行きました

あんみつ

濃厚な甘さでした
キット頭が疲れていたのでしょう・・・

本番中に萌え〜

F1とG1が終わって 燃え尽きたチョビです


最近は 差し入れも少なく
ワンホール 

今までは この様なお品を スタッフ一人一人に配れる位 頂戴していましたが
年末までカウントダウンとなり 物入りなのでしょうか・・・寂しいチョビです

崩れたケーキ

しかし 本日
遠くからお越し下さった方が 大事そうにお持ち下さったケーキ
既に 箱も中味もお疲れの様で 片側に肩を寄せ合っていました

お味は美味でした 
お持ち下さった方も 色々選んで下さったお気持ちが感じられ
チョビは 感涙に咽びながら 最終打ち合わせに余念のないスタッフの変わりに
全てとは言わないけれど 大部分を お腹にしまいました




処で 一度 時間にゆとりを持って 開場と共にホールに入ってみては如何でしょうか
そして 座席の一番前から 舞台を背にして 客席を眺めて観て下さい

舞台から

何処のホールでも 座席の後ろに 小さな窓のある部屋があります
此処は 調光室等があります

舞台に設置されている照明をコントロールするお部屋です

其処に照明のプランナーさんや卓を調整するスタッフさんがいます

その他に ピンスポットを担当する照明さんがいます
1台に1人担当しています
そのピンスポを担当している○○ちゃんの話・・・

待ち時間 控室にて

 ○○ちゃん 今日いないから言えるけどさあ〜

   前に ×MA×のコンサートで キム◆クのピンスポだったんだ
   (フムフム

   本番の時 彼が 会場のお客さんに手を振りながら 銀橋を移動をしていた時
   (フムフム

   ○○ちゃんに向かって 手を振って ウインクしたんだってさ
   (エエエ あり得ない

   それで すっかり彼のファンになって 
   彼らのコンサートの時は 有休を取って コンサートの追っかけし始めたらしい

 それって ありえないじゃん(キッパリ)

   ピンスポに当たったら 足元すら はっきり見えないんだよ(ハッキリ)
   まして 自分を当てているピンスポの方を見るなんて
   眩しすぎて何も見えないよ
   操作している人の顔なんて分かる訳ないじゃん


キム◆クと顔があって  
ましてや 偶然にも ウインクしてくれたのは
自分に対してと信じて疑わない○○ちゃん
本番中に 完全に素に戻ってしまい メロメロになってしまったそうです

仕事中って 自分がファンの人のステージでも 
職人になっているので  萌える事は意外とないのです

そんな状態の彼女の胸をドキュンさせたキム◆クのオーラの凄さなのでしょうか
超スーパースターは 例え楽屋で寛いでいても 
周りの空気を 自分の色に包み込んでしまいます



化粧前は乙女チックな世界

 自分もやはり 可愛い乙女チックな女の子(?)だったんだなあと感じたチョビです

コンサートで出演者(特に女性)が 楽屋に入ると真っ先にするのが
衣装を出して 皺にならない様に吊るします
次に 自分の化粧台に タオルを広げ 
そこに 本番に使う アクセサリーを並べます

これが 仕事上 ”化粧前のもの”と言っている品々です

化粧前

ステージで身につけるアクセサリーの数々です

女の子って 小さい頃 こんなキラキラしたものって 好きですよね
あっ! 今は オトメン(乙男)が流行っていますから
必ずしも 女の子とは限らないかな?・・・

チョビも しばし 触らせて頂いて 身に付けさせて貰ったりしてました
感想・・・・「重い・・・」
日頃 イヤリング・ネックレス・ペンダント・ブレスレット等など 
アクセサリーを一切身に付けないチョビは 正直観るだけでいいと思いました



メイクアップ道具も 沢山の色があって とても綺麗です
商品判りますか?
TVCMでお馴染みのベアミネラルです




コチラは ヘアメイクさん(一応生物学上男性)の道具箱
お絵かき道具の様です

このアクセサリーの持主の歌い手さんは 年配の超ベテランさん
スタッフに対しても 色々気を使って下さいます

有難う飴

この様な 飴を頂いちゃいました


この日は 食べきれない位 超豪華特別メニューのお食事でした
マイセンのサンドイッチのお土産付きです

幕の内

いつもこんなコンサートをやっていたいと感じたチョビでした

舞台の照明さん

 照明・音響・舞台美術のスタッフの皆さんにいつも助けられて仕事をしているチョビです

コンサートの照明さん方は 大概 一番早く搬入して 一番最後に搬出します
それだけ 道具があるということなんですが・・・

照明を入れる前

楽器位置がおおよそ決まると
天井にあるライトを その位置に合わせます

照明地明かり


地明かりが 緑になっていますよね?
そこに丸く白いライトが当たってます
そこが 立ち位置になる訳です

ジャニーズであろうと 演歌歌手であろうと
ライトの位置は 前もって 決めておきます

照明地明かり

コンサート会場へ 行って 舞台の天井に沢山のライトが吊り下がっているのを
見た事があるかと思いますが

照明バトン

舞台全体を照らす 地明かり
其々の場面で出演者が立つ位置に照らす 
客席の前方の天井にある 出演者の顔を照らす明かり
舞台前面にある 足元から出ている明かり

その他 背景を効果的に照らすもの等
舞台空間を 素敵に演出してくれてます


照明

リハーサル中に微調整して 本番に臨みます
毎回 有能なライトプランナーさんに恵まれ 
チョビの想いを しっかり把握して プランニングして頂いて貰ってます

人との繋がりの大切さを感じるひと時です

そして スタッフへの差し入れを忘れない出演者の方との繋がりにも感謝


差し入れ 差し入れ差し入れ


体重計に乗りたくないチョビです・・・




| 1/2PAGES | >>